支払督促が裁判所から来た時の手続き方法

支払督促が送られてきた!どうするべきか??

ある日、自宅に裁判所から支払督促が送られてきた!

 

どうやって対応すののが適切か?

 

結論から言うと、弁護士さんに相談することを強くオススメします。

 

支払督促とは・・・

  • 借金の債権者が、お金を借りたあなたに対して支払いをするように裁判所を使って催促してきている
  • 何もしないで放っておくと、強制執行が可能となる
  • 2週間以内に異議申立てをすると通常の裁判になる

 

強制執行とは、強制的に財産を差し押さえする行為です。
不動産や時計や宝石などの高価なものから、預金口座や給料に至るまで、お金が発生するものが差し押さえの対象となります。

 

給料は全額ではなく一部を差し押さえる形になります。
つまり、強制的に給料から一部を天引きして債権者へ支払いをするというものです。

 

強制執行を防ぐにも、通常の裁判で争うにも、専門の法律家の強力が不可欠です。

 

放っておくと強制執行を受ける可能性があるので、迷わず弁護士さんに相談しましょう!

そもそも、なぜ支払督促が送られてきたのか??

支払督促が送られてくる理由とは、

 

未払の負債(借金)があるからです!

 

クレジットのローン、消費者金融、家賃の滞納、個人間の借金・・・
何か思い当たる節ははいでしょうか?

 

また、支払督促が来る前に、法的拘束力のない督促状などが送られてきたりしなかったでしょうか?

 

だいたいのケースで、支払いのお願い→督促状→支払督促の順番で来ることが多いです。

 

法的拘束力のない催促では、支払いしてくれないため、法的拘束力のある支払督促を送ってきているということです。

 

債権者(お金を貸している方)からみれば、
散々催促したのに応答がないから支払督促にした
ということなのです。

 

債務者(お金を借りている方)からみれば「突然、支払督促が来た!」と驚くかもしれませんが、実は順を追って進められています。

 

ですので、支払督促が来たら、慌てず早めに弁護士さんへ相談しましょう!

弁護士の選び方

弁護士さんに相談した方がいいというのは、わかったが、どうすればいいかわからないですよね?

 

身近にいつもお世話になっている弁護士さんがいれば、その方にお願いするのがいいと思います。
あなたのことをわかっている弁護士さんだと思いますので。

 

そうでない場合は、債務関連を中心に扱っている弁護士さんがいいです。

 

弁護士さんにもいろいろなタイプの方がいて、得手不得手があるわけです。
また、債権関係を中心に扱っている弁護士さんなら、慣れているので、今後どうしていけばいいか答えが早く出るはずです。

 

選ぶポイントは以下です。

借金・債務関係を専門に扱っている

上にも書いていますが、債務関係を中心に扱っている弁護士事務所に相談した方がポイントを整理し適切な方向へ導いてくれるはずです。

 

いつでも気軽に相談できる

弁護士事務所へ行くのはちょっと気が引けるので、メールで相談できる弁護士さんがいいと思います。
メールで相談してある程度方向性を見出すことができるからです。

 

無料で相談ができる

弁護士さんへの相談は、30分5,000円などといった相場があったりするので、それだけで躊躇してしまいがちに・・・。
なので、まずは無料でメール相談ができる弁護士事務所をオススメします。

オススメの弁護士事務所

3つのポイントを踏まえて、オススメの弁護士事務所はコチラ!

 

伊藤法律事務所

リヴラ総合法律事務所の特徴

初期費用0円で手続きができ、過払い金返金保証制度もあります。
相談者の話を親身に聞き、初期費用なしで一緒に問題を解決していくというスタンスの弁護士事務所です。
休日でも、夜間でも24時間365日いつでも相談できるので、あなたのタイミングでいつでも相談可能です。
「キツイ督促をすぐに止めたい」「早急に現状を打破したい。」こんなお願いをするのは難しいかな?というような相談でも諦めずにまずは相談!一緒に問題に向き合い、最善の解決方法を見つけ出せます。

価格 0円
評価 評価5
備考 初期費用はタダ!メールで相談可能
リヴラ総合法律事務所の総評

1人で悩んでいてもいい方向に向かうことは少ないが「相談してみると意外にあっさり解決できた。」と言った口コミがあります。
弁護士の堅いイメージではなく、身近に感じてもらえるような事務所だと思います。

更新履歴